等速性筋力トレーニングとは何ですか?

6.png


起源

等速性筋力トレーニングは、1960年代にHislop、Perrine、Thistleによって最初に導入されました。それ以来、このトレーニング方法はリハビリテーションやスポーツ科学にますます適用されています。

仮説

特別な装置を使用すると、機器の速度は一定に保たれ、抵抗はユーザーの努力に基づいて変化します。どんなに大きな運動でも小さな運動でも、動きの速度は一定に保たれます。したがって、筋収縮は、筋力トレーニング中に関節のすべての角度で最大の筋力効果を達成することができます。

効果

等速性筋力トレーニングは、筋力を高め、爆発力を向上させ、筋持久力を高めることができます。これは、今日のリハビリテーションおよびスポーツ科学における最も安全で最も効果的な筋力トレーニングとして認識されています。

応用

従来のトレーニング機器はコストがかかり、操作が困難です。専門家は適切な操作を支援する必要があります。したがって、そのような機器は、研究者が機器を適用し、主に運動系の損傷の研究とリハビリ患者の評価に焦点を当てている医療センターとトレーニング研究ユニットでのみ見つけることができます。それにもかかわらず、一般の人々は安全で効果的な訓練を楽しむことを許可されていません。



等速性筋力トレーニング機器には、他の従来の筋力トレーニング機器にはない利点があります

jp1.png


等速性筋力トレーニング

等速性筋力トレーニングは、現在、世界の臨床研究において最も安全で、最も効果的で、最も人間志向の筋力トレーニング方法です。特別な装置を使用して速度を一定にし、抵抗はユーザーの力によって変化します。高齢者の筋力トレーニングのエクササイズ中は、筋力がどんなに大きくても小さくても、その動きの速度は同じであり、エクササイズを楽で健康的にします。

  • それは関節の周りの筋肉の強さと持久力を高めることができます。
  • 不必要なスポーツ傷害を避けるための安全性の高いトレーニング方法です。
  • 転倒を防ぐための高齢者向けのベストバランストレーニングは、高齢者の筋力トレーニングやスポーツリハビリテーションの一般的な方法の1つになっています。



等速性筋力トレーニング機器VS.従来のトレーニング機器

jp2.png

等速性筋力トレーニング機器は、以下の状況に適しています。

37_67128.png

理学療法センターまたは中国の漢方薬クリニック

患者が筋炎、関節炎、変形性関節症、腱および靭帯損傷のリハビリテーションを進めることができる場所。

36_614272.png

女性や高齢者向けに特別に設計されたエクササイズセンター

非常に短時間でトレーニング効果を達成するために機器を適用できる人。

39.png

高齢者向けデイケアまたは介護フィットネスセンター、高齢者ケアセンター、高齢者ジム、ナーシングホーム、施設介護者

高齢者向けのトレーニング装置として、等速性筋力トレーニング機器の適用を検討する。

38.png

個人または小規模の健康トレーニングセンター

トレーニングを通じてメンバーの効果と安全性を確認します。



等速性筋力トレーニングの臨床的利点

jp3_436329.png


TURTLEGYM等速性筋力トレーニングデバイスの利点


複合

デバイスでの双方向筋力トレーニング、複合トレーニング、TURTLE GYM等速性筋力トレーニングデバイスは、2つの従来のウェイトトレーニングマシンとして使用できます。セット内の8つのデバイスは、15の従来のウェイトトレーニングデバイスとして使用でき、全身の筋肉グループをトレーニングできます。

機能的

強度の大きさはユーザーが制御します。ユーザーは、スポーツによる怪我を防ぐために、体の状態に応じて筋力トレーニングを行うことができます。

包括

筋肉はどの角度でも最大限に収縮します。

安全な

高齢者は、非常に安全で怪我をしないように、幸せで安全な方法で等速性筋力トレーニングを行うことができます。

単純

占有するスペースが少なくなります。スペースとコストを節約します。

耐久

独自のモーター制御システム設計により、油圧式のように油漏れがなく、耐久性に優れています。メンテナンスの負担を軽減し、運用コストを削減します。

軽量

軽量で、簡単に移動およびセットアップできます。

2021-11-30